ロードマップ / バージョン

My Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ツール「Redmine」をクラウドで利用できるサービスです。

プロジェクトのタスクをマイルストーンごとに管理

標準機能【全プランで利用可能】

特定の期日までに完了させなければならないチケットをまとめて管理できます。

無料で来月末まで試してみる

ロードマップ/バージョンとは

「ロードマップ/バージョン」機能は、プロジェクトの目標や進捗状況を一覧で見ることができる機能です。この機能を使うことで、プロジェクトがどの段階にあり、何が達成されているかが一目でわかります。

機能の主要な項目

システム開発などのプロジェクトでは、Redmineの「ロードマップ / バージョン」機能が効果的に活用できます。「現在のシステムの分析」、「要件定義」、「新システムの選定」、「データ移行」、「テスト運用」、「本稼働」といったフェーズに分け、WBSに基づいて各フェーズとタスクを整理し、進捗を追跡できます。

まとめ

「ロードマップ / バージョン」機能は、Redmineを使ったプロジェクト管理において非常に重要なツールです。プロジェクトの進行状況を効果的に追跡し、管理できます。

その他の機能

関連記事

5分でわかるRedmineの「ロードマップ」機能(Redmine.JP のサイトに移動)

無料で来月末まで試してみる お申し込みから10分で使えます
My Redmine サービス紹介資料 サービス紹介・マニュアル・初心者向け資料
My Redmine サービス紹介セミナー
My Redmineのサービス内容・ご利用までの流れを動画で紹介します。ご質問はチャットで受け付けご回答します。
詳細はこちら
月例Redmineセミナー
Redmineに関するセミナーを開催しています。どなたでもご参加頂けます。過去に開催したセミナーも録画配信しています。
詳細はこちら
無料オンライン相談会
毎週開催。お客様に合った運用や設定を一緒に考えます。じっくり相談、ミニ相談、データ移行専用相談をご用意。
詳細はこちら