運用・その他(Gen.1)

運用

OS Linux(一部クラウドマネージドサービス利用)
システム時計 全システム同期(NTPおよびクラウドサービス時刻使用)
監視 監視システムによるリソース使用状況およびサーバおよび主要プロセスの死活監視
監視間隔 項目による。最短間隔の項目は1分間隔
バックアップ 各サーバのバックアップ、添付ファイルを含むご利用ユーザ領域のデータ、データベースのスナップショットを1日1回取得。
バックアップ保管期間 上記についてすべて7日間保管。
解約後のデータ削除 サービス解約後約2週間後の弊社作業指定日にデータを削除
ログの保管 OSイベント、アクセスログ、アプリケーションログなど6ヶ月以上保管
OS・ミドルウェア等パッチ適用 社内ルール(非公開)に従い定期的に実施
運用者によるシステム操作ログ すべて取得管理、6ヵ月以上保管
アプリケーションバージョンアップ 原則としてfeature release (3.2.0 → 3.3.0 など真ん中の数字が変わるバージョンアップで新機能追加を伴う)ごとを目標として実施。
運用者によるデータへのアクセス 当社業務のためにお客様のデータに触れることはないが、お客様の要請によりログの調査等を行う場合がある。

セキュリティ対策等

システム多層化 ロードバランサーおよびリバースプロキシの採用、機能単位での多段階のシステム分散構成
冗長化 一部単一障害点あり
通信制御 クラウドサービス提供のファイアウォール相当機能を設定
不要プロセスの排除 OS最小構成から必要機能のみインストール
通信の暗号化 https(TLS1.2以上の暗号化に対応)にて利用
データ漏えい・破壊時の補償条件 利用規約第19条に、「利用代金月額相当額を限度として責任を負う」 と規定
保存データの暗号化 実施しておりません
契約ごとの離隔 インフラを共有。契約ごとに別プロセスでアプリケーションが動作。ファイル領域は契約ごとの領域。データベースは契約ごとに個別。
プラットホームの脆弱性調査 クラウドサービスの提供サービスを使用し実施
アプリケーションの脆弱性調査 他社サービスを使用し社内で実施
不正侵入検出などの仕組みの導入 設置しておりません
サービス停止攻撃への対策 クラウドサービス側にて対策を実施
サービス継続に関する仕組み システムを構成する重要ポイントの冗長化。複数のリージョン(データセンター)でのシステム構成。サーバ異常時に速やかに他サーバへの切り替え。
ディザスタリカバリ対応 無し
無料で来月末まで試してみる お申し込みから10分で使えます
My Redmine サービス紹介資料 サービス紹介・マニュアル・初心者向け資料
My Redmine サービス紹介セミナー
My Redmineのサービス内容・ご利用までの流れを動画で紹介します。ご質問はチャットで受け付けご回答します。
詳細はこちら
月例Redmineセミナー
Redmineに関するセミナーを開催しています。どなたでもご参加頂けます。過去に開催したセミナーも録画配信しています。
詳細はこちら
無料オンライン相談会
毎週開催。お客様に合った運用や設定を一緒に考えます。じっくり相談、ミニ相談、データ移行専用相談をご用意。
詳細はこちら