プロジェクト管理サービス『My Redmine』の契約件数が1000社を突破

2021/05/25

ファーエンドテクノロジー株式会社(以下、ファーエンドテクノロジー 所在地:島根県松江市 代表取締役:前田剛)は、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアRedmineのクラウドサービス『My Redmine』の契約件数が2021年5月に1000社を突破したことをお知らせします。

Redmineはオンプレミスでの利用も多い人気のオープンソースプロジェクト管理ツールです。弊社はプロジェクト管理や課題管理に優れているRedmineを多くの企業や組織に利用してほしいとの思いから、2008年に日本初のRedmineのクラウドサービスとして『My Redmine』の試験運用を開始、翌2009年から正式サービスの提供を開始しました。月額8000円(税込8800円)で1000ユーザーまで使えるサービスで、さまざまな業種・規模のお客様に広くご利用頂いています。

Redmineの人気の高まり・普及という追い風もあり、年々着実にご契約件数を伸ばすことができました。また、近年は企業におけるクラウドサービス利用の広まりやテレワークの普及にともない、オンプレミスで構築したRedmineをクラウドサービスである『My Redmine』に移行するお客様が増えています。

また、弊社は『My Redmine』の提供だけでなく、オープンソースのRedmineの開発への協力によるRedmineの機能改善、Redmineの日本語情報サイト Redmine.JP の運営による普及活動にも長年取り組んできました。これらの活動を評価いただいたのもご契約件数の増加につながったと考えています。

今後も、オープンソースソフトウェアであるRedmineの改善・普及とクラウドサービス『My Redmine』のサービス向上を通じてお客様の事業活動に貢献することで、より良い社会の実現を目指していきます。

ファーエンドテクノロジーとRedmineの関わり

ファーエンドテクノロジーは会社設立当初より、オープンソースのプロジェクト管理ツールであるRedmineの開発に協力してきました。弊社代表の前田は、Redmineの開発メンバー(コミッター)として開発に協力。世界中のエンジニアから送られる新機能のパッチの取り込みやレビューを行うなど積極的に活動しています。

My Redmine とは

『My Redmine』は、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアRedmine互換の「RedMica」をクラウド上で提供するサービスです。料金は月額8000円(税込8800円)でスタンダードプランは、ユーザー数1000、ストレージ200GB、プロジェクト数無制限)で提供。

プロジェクト管理、課題管理、保守管理、インシデント管理など様々な業務を管理できます。チーム内やお客様と進捗状況や過去のナレッジを共有でき、業務を円滑に進めるのに役立ちます。

『My Redmine』は、無料で翌月末までお試しできます。

無料お試しのお申込

オープンソースのRedmineとの違い

ファーエンドテクノロジー版Redmine「RedMica」を使用しているため、Redmineの次期バージョンの新機能が先行して使えます。

また、弊社が独自開発した機能である、かんばん風にチケットを表示する「チケットパネル」や、IPアドレスによるアクセス制限を行う「IPアドレスフィルター」もご利用頂けます。

My Redmine 資料ダウンロード
ご利用マニュアル・スタートアップガイド