My Redmineで提供のソフトウェアを「Redmine」からファーエンドテクノロジー版Redmine「RedMica」に変更

2019/11/20

提供するソフトウェアをRedmine4.0から「RedMica 1.0」に変更

My Redmineでは、サービスで提供しているソフトウェアをRedmine4.0から ファーエンドテクノロジー版のRedmine「RedMica 1.0(レッドマイカ) に変更いたします。

変更の目的は、弊社や世界中の開発者の貢献により開発され、実装されたRedmine次期バージョンの新機能をより早く、定期的にお客様にお届けできるようにすることです。

「RedMica」は、Redmineの最新の更新をすべて反映するためRedmineと非常に高い互換性を維持しています。そのため、変更後も現在の機能、テーマ、オプションサービス、プラグイン、APIなど、これまでどおりご利用いただけます。また、オンプレミス環境へのデータ移行もこれまで通り行えますのでご安心ください。

2020年1月以降、ご利用中のお客様におかれましては順次、Redmine 4.0から「RedMica 1.0(Redmine 4.1.0相当)」への切り替えのご案内をいたします。 なお、切り替えに伴うお客様によるお手続きなどはございません。

今日使える明日のRedmine「RedMica」

「RedMica」は、「Redmine」と高い互換性を持つオープンソースのソフトウェアで、2019年11月2日にファーエンドテクノロジーがリリースしました。 Redmineの未リリースの機能を取り込み、いち早くRedmineの新機能を利用できることから、「RedMica」はまさに「今日使える明日のRedmine」といえます。

RedMica(Redmineのディストリビューション)ファーエンドテクノロジー版のRedmine「RedMica」もオープンソースソフトウェア

「RedMica」の特長とメリット

My Redmineにて提供するソフトウェアが「RedMica」になることで、ご利用のお客様には次のようなメリットがあります。

その1:Redmineの次期バージョンの新機能を先行して利用できる

Redmineよりも短い間隔でリリースが行われるため、Redmineの次期バージョンの新機能を先行して利用できます。
「RedMica 1.0」では、Redmine 4.1.0相当の機能がご利用頂けます。

その2:Redmineとの高い互換性によりデータ移行もこれまでどおり可能

「RedMica」は、原則としてRedmineに対して行われたすべてのコミットを「RedMica」に取り込みます。 そのため、Redmineと高い互換性を維持し、Redmineから「RedMica」、「RedMica」からRedmineへと相互に移行できます(移行可能なバージョンの組み合わせには制限があります)。

その3:6ヶ月ごとの定期的なメジャーバージョンアップ

「RedMica」はメジャーバージョンアップのリリース時期が5月と11月の年2回に固定されています。新機能がいつ利用できるようになるか明確になります。

「RedMica」の提供時期

My Redmineをご利用中のお客様

新規にMy Redmineをご利用をお考えのお客様

FAQ

関連情報