Redmineの用語やメッセージを自由に変更できるプラグイン「メッセージカスタマイズプラグイン」がMy Redmineで利用可能に

2019/10/04

Redmineの用語やメッセージを自由に変更できる「メッセージカスタマイズプラグイン(redmine_message_customize)」をMy Redmineのデフォルトプラグインに追加しました。

例えば「トラッカー」を「チケット種別」に。画面の用語を自由に変更

Redmineの画面の用語を変更したいと思ったことはありませんか?

「 メッセージカスタマイズプラグイン 」では、「トラッカー」や「活動」などのメニューやチケット内で使用されている用語やメッセージを簡単に変更できるプラグインです。例えば「チケット」や「担当者」などの用語、「チケット #123456 が作成されました。」などのメッセージを、お客様の業務や社内用語に合わせて好きな言葉に変更できます。

設定例

以下の変更を行った例です。

変更前

変更後

設定画面

管理画面から「メッセージのカスタマイズ」を選択します。 ※システム管理者権限を持つユーザーのみが設定できます。

「管理」→「メッセージのカスタマイズ」

検索ボックスに変更する文言を検索し、変更したい文言を入力し「保存」をクリック

設定画面には「通常モード」と「YAML」モードの2つのモードがあります。どちらか好きな方で追加できます。片方のモードで追加するともう片方にも自動で反映されます。

選択肢から変更したい用語・メッセージを選択して
変更後の文言を入力する「通常モード

YAML記法で書く「YAMLモード
オンプレミスのRedmineで使用しているYAMLファイルがある場合はコピー&ペーストでOK

使用方法(動画)

【動画】文言を検索し、登録するまでの流れです(15秒)

対象サービス

My Redmineのすべてのプラン(Adminサポートプランを除く)

※無料試用中でもご利用いただけます。
※一部のお客様(Redmine 3.4をご利用中のお客様)を除きます。

メッセージカスタマイズプラグインについて

「メッセージカスタマイズプラグイン」は弊社社員が開発しました。また、オープンソースとして公開(Github)しています。発表スライドはこちらでご覧いただけます。

作者:石川 瑞希(ファーエンドテクノロジー株式会社)

備考